日本生薬学会 学術奨励賞 受賞者 一覧

年度 受賞者  所 属 題 目
1994 木内文之 金沢大学薬学部 天然由来殺線虫化合物に関する研究 
  下村講一郎 国立衛生試験所筑波薬用植物栽培試験場  薬用植物の形質転換(毛状根)による有用物質の生産制御
  竹谷孝一 東京薬科大学 熱帯圏植物からの抗腫瘍活性物質の探索研究
  波多野 力 岡山大学薬学部 生薬に含まれる活性酸素消去作用成分の研究
1995  金城順英 熊本大学薬学部 マメ科植物を起源とする生理活性成分の探索研究
  神田博史  広島大学医学部総合薬学科 漢薬資源植物の品質評価と優良系統の開発・増殖に関する研究
  和田啓爾 北海道医療大学薬学部 代謝に影響を及ぼす食用及び薬用植物成分の研究
1996 奥山恵美  千葉大学薬学部  向神経作用が期待される伝承薬の薬理・化学的研究 
  野田直規 摂南大学薬学部 動物生薬を対象とした医薬資源の探索・特に機能脂質の単離と評価
  三巻祥浩 東京薬科大学  ユリ科およびその近縁植物の化学成分と生理活性に関する研究
1997 清原寛章 北里研究所 漢方薬および和漢生薬中の薬理活性多糖の解析
  田中 隆 長崎大学薬学部 植物ポリフェノールの化学的並びに生物科学的研究
  羽野芳生 東邦大学薬学部 桑樹より得られる光学活性Diels-Alder型付加化合物の生合成研究
  森田博史 東京薬科大学 高等植物由来の環状ペプチド類に関する化学的研究
 1998 柏田良樹 新潟薬科大学 各種生理活性を持った天然有機化合物に関する研究
  松田久司 京都薬科大学 サポニン及びオリゴ配糖体の構造と薬理活性に関する研究
  松田秀秋 近畿大学薬学部 修治された薬用人参・紅参の薬理作用発現に関する研究
1999 井上 誠 名古屋市立大学大学薬学部 漢方方剤およびその成分の生化学的研究
  田中宏幸 九州大学大学院薬学研究院 各種生薬成分に対するモノクローナル抗体の作製と応用
   井藤千裕 名城大学薬学部 ミカン科植物の薬用資源に関する研究と創薬化学への展開
2000 渋谷雅明 東京大学大学院薬学研究科 高等植物におけるステロール及びトリテルペンの生合成研究
  矢崎一史 京都大学大学院生命科学研究科   ムラサキ培養細胞におけるシコニン生合成遺伝子の解析とその光応答
  小松かつ子 富山医科薬科大学和漢薬研究所  和漢薬の基源に関する研究・組織形態学、ケモタキソノミー、遺伝子解析の応用  
2001 村上啓寿 大阪大学大学院薬学研究科 天然物をシードとする制がんリード化合物の合成化学的創製研究   
  手塚康弘  富山医科薬科大学和漢薬研究所  東南アジア産薬用植物の生物活性成分に関する研究  
  能勢充彦 名古屋市立大学薬学部   漢方方剤の薬効評価ならびにその作用機構の解析
2002 阿部郁朗  静岡県立大学薬学部  生合成酵素反応機構の解析を基盤とする新規生物活性物質の探索
  小野政輝 九州東海大学農学部  蔓荊子をはじめとする諸生薬の機能性成分の探索研究  
  小池一男  東邦大学薬学部  ニガキ科植物の化学成分と生理活性に関する研究
2003  青木俊二 大阪大学大学院薬学研究科  天然物由来のがん治療薬シーズの探索と標的分子の機能解析  
  袴塚高志  東京理科大学薬学部 細胞内シグナル伝達系に作用する天然生物活性化合物の探索とその応用
  林 宏明 岐阜薬科大学  カンゾウ属植物の自生地調査と二次代謝機能の解析
2004 伊東秀之 岡山大学大学院自然科学研究科  薬用植物中の酸化型エラジタンニン成分とその生物活性  
  吉満 斉 九州共立大学工学部環境化学科  キンポウゲ科植物に含まれるサイクロアルタン型トリテルペン配糖体に関する研究  
 2005 北島満里子  千葉大学大学院薬学研究院 薬用資源植物由来の含窒素活性天然分子種に関する化学的研究  
  塚本佐知子 金沢大学大学院自然科学研究科 ユビキチン・プロテアソームシステムを標的とする新規抗がん剤の天然資源からの探索
  森川敏生  近畿大学薬学総合研究所 薬用食品の機能開拓を志向した生物活性成分の探索研究  
 2006 伊藤美千穂 京都大学大学院薬学研究科  フィールドワークを軸とする紫蘇、沈香、桂皮に関する研究
  池田 剛  熊本大学大学院医学薬学研究部  天然配糖体由来オリゴ糖鎖のトランスグルコシル化法の開発
 2007 黒田明平  東京薬科大学薬学部 陸上高等植物からの新規医薬品シード化合物の探索  
 2008 天倉吉章   松山大学薬学部   AhRシグナル伝達経路に作用する生薬,植物性食品成分の探索研究  
  森永 紀  長崎国際大学薬学部 生薬成分に対するモノクローナル抗体を機軸とした免疫化学的測定法の開発
 2009 李 貞範 富山大学大学院医学薬学研究部 天然物が産生する生物活性糖鎖分子の構造と作用発現機序に関する研究
  牧野利明 名古屋市立大学大学院薬学研究科 医療薬学を指向した伝統薬物研究
  李  巍 東邦大学薬学部 未開拓伝承薬用植物の化学的研究
 2010 森田洋行 東京大学大学院薬学系研究科 植物ポリフェノールの生合成に関する研究
 2011 中村誠宏 京都薬科大学 メディシナルフラワーから生活習慣病予防成分の探索研究
  横須賀章人 東京薬科大学薬学部 伝承生薬を由来とする新規生物活性物質の探索研究
 2012 伊藤哲朗 岐阜薬科大学 フタバガキ科植物由来オリゴスチルべノイドの構造多様性と生物活性に関する研究
  平澤祐介 星薬科大学 新規多環性骨格を有する機能性アルカロイドの探索研究
  藤原章雄  熊本大学大学院生命科学研究部 マクロファージの活性化を制御する天然化合物の探索研究〜ガン免疫療法への応用を目指して〜
  脇本敏幸 東京大学大学院薬学系研究科 不安定天然物の探索
2013 淡川孝義 東京大学大学院薬学系研究科 異種発現系を利用した糸状菌二次代謝産物合成酵素遺伝子資源の有効活用
  寺坂和祥 名古屋市立大学大学院薬学研究科 薬用植物の二次代謝糖転移酵素の機能解析とその有用配糖体生産への応用
2014 田中直伸 徳島大学大学院へルスバイオサイエンス研究部 新規な生物活性天然物質の探索研究
  當銘一文 千葉大学大学院薬学研究院 シグナル伝達に作用する生物活性天然物の探索研究 
2015  古徳直之  大阪大学大学院薬学研究科 実用的な医薬リード化合物の創製を指向した海洋天然物の合成化学研究
  政田さやか 国立医薬品食品衛生研究所 天然物医薬品の安全性及び品質確保に関する研究
2016  吉本尚子 千葉大学大学院薬学研究院 機能性含硫黄成分の生合成に関する分子生物学的研究
  松尾洋介  長崎大学大学院医歯薬総合研究科 計算化学的手法を取り入れたポリフェノールの立体構造および酸化機構に関する研究 
  杉本幸子 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 未開拓植物からの生物活性物質の探索研究
2017 小暮紀行 千葉大学大学院薬学研究院 コプシア属およびゲルセミウム属植物に含有される生物活性インドールアルカロイドの探索と化学的研究
  アルファリウス エコ ヌグロホ 星薬科大学 生物活性多環性アルカロイドの構造研究
  宇都拓洋 長崎国際大学薬学部 白斑治療薬開発を目指した天然由来メラニン合成促進物質の探索および作用機序に関する研究